賃貸契約の交渉術

長期契約で譲歩してもらう

基本的に家賃の値引き交渉を行うことというのはほとんど不可能だといえますが、どうしても少しでも月々の負担を減らしたいというのであれば、長期契約をするという形で交渉を行っていくことがおすすめです。
この譲歩をすることによって、場合によっては家賃の値引き交渉を成功させることができますから、よく覚えておくことができるようにしてください。
有意義な交渉を行っていくことができるようにするためにも、この点については良く覚えておくことができるようにしましょう。
別途大家から管理を委託されている賃貸物件については難しいですが、不動産会社が所有する自社物件の場合には、長期契約を結ぶことによって多少家賃の値引きを行ってもらうことが可能になります。
普通一年契約のところを、二年、三年といった期間での契約にしていくことで、家賃を値引きしてもらうことができるでしょう。
やはり不動産会社にとっても長く利用をしてくれる入居者というのは欲しいものですから、需要と供給をうまくマッチさせていくことができるようにしてください。
基本的に値引きが実現したとしてもその金額というのは二千円か三千円程度のものです。
しかしそれが長期間に渡れば年間数万円もの違いがでてきますから、賢く交渉を行っていくことができるようにしてください。
少しでもお得に賃貸物件を利用していくことができるよう、上手に交渉をすることができるよう、交渉に努めていってください。

Copyright (C)2018賃貸契約の交渉術.All rights reserved.